一番痩せる運動ランキング!消費カロリーを元に1位に輝いたのは⁉

痩せる豆知識

どうせダイエットするなら、さっさと痩せれる運動がいいです。

一番痩せそうなのは有酸素運動=マラソンみたいなところはありますが、マラソンって3日も続かないですよね。。。

じゃあ、どんな運動なら最も痩せやすく手っ取り早いのか。

 

カロリー消費量が多い順に1~16位までのランキングを作ってみました!

  • 最も運動量が多く
  • 痩せる要素を含んだ

運動ナンバーワンは?

一番痩せる運動ランキング!

  • 男性・女性
  • 身長・体重

などで消費カロリーも変わってきますが、あくまで平均値として表にまとめました。

 

  • 体重50 kg
  • 運動時間は60分

と想定しています。

 

種目 消費カロリー
1位 自転車 830kcal
2位 ビートドラムダイエット 600~800kcal
3位 サッカー 525kcal
4位 サーフフィット 500kcal
5位 マラソン 473kcal
6位 縄跳び 462kcal
7位 階段昇降 462kcal
8位 水泳 436kcal
9位 エアロビクス 383kcal
10位 スノーボード 368kcal
11位 山登り 341kcal
12位 ホットヨガ 300lcal
13位 ヨガ 190kcal
14位 筋トレ 184kcal
15位 ウォーキング 158kcal
16位 サーフィン 150kcal

 

※同じ運動でも、練習内容の強度や運動する時間などによっても消費カロリーが変わりますが、あくまで平均値として算出しています。

 

1位の自転車は、猛ダッシュでロードバイクを1時間漕いだ場合の消費カロリーです。

かなりの消費カロリーなので、とっとと痩せたい場合に最適です!!!

 

ただし、自転車の一番の難点はやりすぎると太ももが太くなること。

太ももの筋肉めっちゃ使う!

 

時間を30分ほどにしてペースを落とし、一定のスピードで走るだけでも約400kcal消費できるので、キレイに足を引き締めたい場合は適度に漕ぐことをおススメします。

 

ちなみに自転車は、頑張ってこぎ続けるとかなり体力が尽きます。

今子供がマラソン大会に向けて自宅用の トレーニングマシンで自転車を毎日漕いでいますが、かなり足も速くなりましたし、体力もついたようです。

 

ママは太ってるからやった方がいいよとしつこく勧誘されていますが、まだ一度もサドルにまたいだことすらありません

 

トレーニングマシン、今お得な金額で買えちゃいます!!!

うちは折り畳み式のを買いました~^^

 

2位ビートドラムダイエットは、LA初の新感覚エクササイズ。

ホットヨガ

 

  • 室温32℃
  • 湿度50%

のスタジオで、ドラムを叩くふりをしながらエクササイズを行う新しいダイエット方法。

 

カロリー消費量は、なんと600~800kcal!

それもたった45分で。

ホットヨガロイブ でレッスン受けれます!

 

3位のサッカーは、常に走り続けているだけでなく、ドリブルやシュートする時にもかなりのエネルギーを使う事から消費カロリーは非常に高いと言えます。

サッカー選手は、一試合で2~3キロ体重が落ちると言われています!

 

ダイエットのためにサッカーを始める人はあまりいないと思いますが、あれだけ走れば痩せると思います。

 

ちなみに息子がサッカーを習っていますが、かなりの量を食べているにも関わらず、身長伸びているのになかなか体重が増えません。

糖分やタンパク質などのエネルギー量が足りてないのが原因だと、栄養士さんに指摘されました。

 

でも、めちゃくちゃご飯食べてるんですよ。

サッカーは、消費カロリーがとても大きいんだと思います。

 

完全初心者さんでも参加できるフットサル情報サイトはこちら。

 

4位のサーフフィットは、サーフボードの上で

  • エクササイズ
  • サーフィンの動き
  • ヨガ

をする脂肪燃焼を目的としたダイエット運動。

 

順位表にもありましたが、エアロビクスやヨガ、サーフィンなどそれぞれ結構なカロリー消費量です。

それを全て組み合わせたサーフフィット。

 

実はサーフフィットの正確なカロリー消費量は発表されていません。

しかし、私が実際にサーフフィットを体験した感じでは、かなりの運動量!!!

 

レッスン時間は45分だったのですが、60分もやったら500kcalぐらいは楽に消費できると言い切れる運動です。

 

サーフフィットとは?▼▼▼

 

5位はやっぱりマラソン。

有酸素運動の代表格とも言われるスポーツです。

ウンドウ

 

さっさと痩せたいなら毎日走る。

…ということは分かっているけど、それができないから辛いんですよね。

 

走る時の気持ちのモチベーションが続かないと言うか 、痩せることはわかっていても一番億劫になるのがマラソン。

まさに自分との戦いです。

マラソンは私が最も苦手とするスポーツ…

 

6位が縄跳びとは意外でした。

縄跳びって、そんなにカロリーを消費するんですね。

 

ジャンプするのにエネルギーを使うから?

ということは、トランポリンもかなりカロリー消費量が多そう!

 

ちょっと待って。
私縄跳びできないかも。

 

7位の階段昇降は、縄跳びと消費カロリーが全く同じですね。

階段昇降なら、縄跳びよりハードルが低そう!

 

私、最近駅の移動はエスカレーターに乗らないようにして、階段を使っています。

この前どこの駅か忘れましたが

いつものように電車を降りて改札口に行くために階段を使ったら、想像以上に階段が長くて

そこまで階段昇降を求めていたわけじゃない( 一一)

と心の中でヒイヒイ言いながら階段を上りました。

 

東京の駅って、階段がめちゃくちゃ長い駅、結構ありますよね。

電車での移動は、エスカレーター使わず階段で移動してみるのもいいかもです。

 

8位は水泳ですが、水泳って消費カロリーが高いだけでなく全身運動のため、 気づけばいつのまにか体の調子が良くなったという人が多いスポーツです。

 

水泳いいですよね。

私は泳ぐのが大好きなので、時間があったら区民プールに通いたいです(時間ないけど

 

9位はエアロビクス!

 

エアロビクスはやっぱり消費カロリーが高いですよね!

ずっと飛んだり跳ねたり動いたりという印象です( やったことないけど

 

エアロビクスの先生は皆さんとてもスタイルがいいですし、 熱心に通われている人も痩せている印象です。

エアロビクスも全身運動なのでダイエットには最適ですよね^^

 

10位はスノーボード。

私自身、若い頃にスノーボードにはまっていた時があり、しょっちゅう山に行っていましたが、スノーボードにはまっていた時はどれだけ食べても痩せていました。

 

スノーボードって、すっごく腹筋と足の筋肉を使うんです。

腹筋がついていた事により、太りにくい体質だったのかなと思います。

 

スノーボードはすごい運動量なんだろうなとは当時から思っていましたが、40歳になると山から滑り落ちるなんて…と恐怖の方が先走ってしまい、一生やることのないスポーツだと私の中では認識しています。

 

11位は山登り。

 

山登りはマラソンではないけれども、山道を登るという点では同じようなスポーツではないかと思います。

山に上がるにつれ空気も薄くなり肺も鍛えられるので、運動としてはいいですよね。

 

12位はホットヨガ!!!

ヨガ

私が今頑張っているホットヨガ、1時間やるだけで300キロカロリーも消費していたんですね!!!

 

多分ヨガメニューにもよりますが、激しいヨガレッスンだと息も切れてきて運動量が多いと感じます。

汗もすごいかくので、カロリー消費してデトックス効果バンザイです。

 

ホットヨガ教室の料金や口コミ、レッスン内容など比較記事はこちら▼▼▼

 

ちなみに常温のヨガだと、ホットヨガの2/3の消費カロリーです。

ただし、常温ヨガの場合はホットヨガよりもやる時間が長いので、もしかするとホットヨガに近い消費カロリーがあるかもです。

 

どちらにしても、ヨガは種類によっては消費カロリーは多いですが、そこまでカロリーを消費しないヨガメニューもあるので、痩せることを目的とするなら運動量の多いヨガがいいです。

 

ヨガの種類一覧▼▼▼

 

14位の筋トレ。

筋トレもヨガに近い消費カロリーがありますが、筋トレの場合は部位ごとに鍛えていくので「痩せる」というよりは「引き締める」というイメージ。

 

その為、消費カロリーは少なめ。

また、筋肉を鍛えるために筋トレ後に

  • 動物性タンパク質
  • プロテイン

を摂る人が多いですが、一歩間違うと筋肉が大きくなってしまって、脂肪そのものは少なくなったとしても見た目が大きく見えることがあります。

 

また全体的に痩せたい場合は、全身筋トレしなくてはならず、 特にお腹がなかなか凹まないということも多いので、この場合は有酸素運動と混ぜて平行するとより痩せやすくなります。

筋トレは無酸素運動だよ!

 

15位のウォーキング。

ウォーキングも、早足で1時間しっかり歩けば消費カロリーはもう少し違うのかもしれませんが、普通に歩いていると大してカロリーが消費していないことが分かります。

 

でもよくよく考えると、ウォーキングもせずに車移動ばかりだと、ウォーキングの消費カロリーさえ消費していないということ。

クルマ

 

痩せるためには、ウォーキングの積み重ねも大事という事ですね。

 

16位はサーフィン。

サーフィンは私が思うに、無酸素運動に入るのではないかなと思います。

 

  • 有酸素運動は同じ動きを長時間すること
  • 無酸素運動は瞬発力が必要な短時間の運動のこと

 

サーフィンは、波待ちをしていることが多いです。

サーフィン

そのため、そこまで消費カロリーが多くないのかなと思います。

但し

  • 前に進むためのパドリング➡腕で水を漕ぐ
  • サーフボードの上に乗る➡バランス感覚必要➡体幹鍛える
  • 波に乗る➡バランス感覚と体幹、全身の筋肉使う

これでかなり体力を使うので、個人的にはもう少しカロリー消費量は多いと感じます。

サーフィンは消費カロリーはそこまで多くなくても、体幹を鍛えるスポーツという感じ!

 

ちなみに、家事はどれぐらいの消費カロリーがあるのか、と言うと

洗濯や掃除、料理を作ったり買い物行ったり、これらをすべて計算すると、実は約500キロカロリー消費しているそうです  ※1日かけて

 

ふむふむ。
そこそこカロリー消費してる。
ちょっと安心w

 

今回の細かいカロリー数値は、こちらのサイトをさせていただきました。

 

痩せる為の豆知識をまとめた記事もあります!読んでみてね!

 

個人的に一番痩せると思う運動NO1は?

とっとと痩せたい。

そういつも思っていますが、そもそも私の場合は、太るのに1年かけてじんわり太った感じです。

 

1年かけてじわじわ脂肪をつけて太った体が、2ヶ月とかで痩せるわけがないですよね。

それも、食事制限一切していないのだから(笑)

 

という事は、本来ならじっくり時間をかけてダイエットするのが、リバウンドもなく良いのですが、、、

どうせならとっとと痩せたいですよね。

 

効率よく痩せるのにおススメNO1が、サーフフィット

ここでトレーニングします▼▼▼

サーフフィット

サーフフィット

さ

 

サーフボードが海の上にいるかのように揺れるので、サーフィンしているかのように体幹が鍛えられるよ!

 

トレーニング内容は…きつい!!!

 

でも、インストラクターさんがテンションを爆上げしてくれて、何とか最後までやり切れちゃうんです。

これで痩せない訳はない!!!というぐらいの運動量。

 

私のサーフフィット体験談はこちらから▼▼▼

 

インストラクターさんはスタイルのいい人ばかりだし、もっともっとサーフフィットが広がれば、太ることに悩みを持つ人が減るんじゃないかなって感じています。

 

自転車を思いっきり漕いだり、辛いけど自分を超えたいっ!とひたすらマラソンするより、

  • たったの45分
  • キレイなスタジオで
  • 体幹つけて
  • 全身しっかり運動して
  • ダクダク汗をかいて

とっとと痩せませんか?

サーフフィットに体験を申し込む! 

管理人
下半身ふと子

このブログは、アラフォーママがダイエットする為に挑んだホットヨガを実体験を踏まえて紹介しています。

・太ってから全然痩せない…
・最近なんだか体調が…
・心がどよ~んとしちゃって…
そんな悩み解消に繋がるよう40代ならではの情報も提供しています。

■スポーツフードアドバイザー
■メンタルトレーナー
の資格有り・元エステティシャンです。

★インスタに体重・体脂肪載せてます!!

下半身ふと子をフォローする
何をしても痩せないアラフォーがここに通うだけで…

肩こり・腰痛・生理痛は一生治らないと諦めているあなたへ

失敗しない痩せないフィットネス選び

痩せる豆知識
下半身ふと子をフォローする
ビビカツ

コメント

タイトルとURLをコピーしました